パイナップル豆乳ローションの成分

パイナップル豆乳ローションの成分

 

パイナップル豆乳ローションの全成分は、以下の通りです。

 

水、ダイズエキス、豆乳発酵液、イリス根エキス、
テトラヒドロピペリン、パイナップル果実エキス(カルボマー/パパイン)、
クロスポリマー、アルギン酸Na、BG、メチルパラベン、エタノール

 

成分を見るとエタノールとメチルパラベンが使われているので、
少し不安になりました。

 

何故なら、この2つの成分には
あまり良いイメージがないからです。

 

最低限の刺激にならない程度の量なら
アルコールの殺菌作用などもあるので、
悪いものとは限らないようです。

 

エタノールには皮脂や汚れを落とす作用もあります。

 

大豆由来とアイリス由来の2つのイソフラボンがムダ毛に働きかけ、
パイナップルエキスとパパイン酵素がムダ毛処理を楽にしてくれるので、
無理に引き抜くような負担がかかる処理をせずに済みます。

 

2種類のイソフラボンには、
肌のハリと弾力を引き出す作用もあります。

 

パパイン酵素とパイナップルエキスには、肌を明るくする作用もあるので、
使うほどに美白効果や透明感のある美肌効果も実感できるようになります。

 

酵素には角質を柔らかくする作用もあるので、
古い角質を優しく落とせるところも魅力です。

 

黒胡椒由来のコスモペリンには、浸透を助ける作用があるので、
ローションが毛穴の奥まで浸透しやすくなります。

 

肌への優しさにこだわって成分を厳選しているので、
敏感肌の人も安心して使えるところが気に入っています。

 

パイナップル豆乳ローションのお得なセットはコチラ!
※今だけ全額返金キャンペーン中!